News お知らせ

2017.05.22
reportページMeeting/Symposiumページを更新しました。
2017.03.21
PicturesページPublicationsページを更新しました。
2017.01.30
Webサイトを公開しました。

多分野融合型のアプローチで鉛汚染問題を解決に導く

Overview

Output 1

土壌から生態系・人・動物への汚染メカニズムの解明

地上での調査と人口衛星データを組み合わせ、土壌、水、植物、気候などのキャラクテリゼーションを行い、人と人が住む環境に影響を及ぼしている鉛汚染のメカニズムを解明する。

詳しくはこちら >

Output 2

人と動物の鉛レベルの定量化とリスクアセスメント

人や家畜などの動物における鉛レベルを定量化し、ザンビアで深刻な問題となっているメタルハザードによる健康影響や経済に及ぼすリスク・インパクトを可視化する。

詳しくはこちら >

Output 3

環境修復技術の確立と応用

汚染地区のランキング(汚染度分類)により環境修復を試験的に実施し、開発した技術の有効性を評価・応用する。

詳しくはこちら >

Output 4

モニタリングシステムの構築とキャパシティビルディングによる各専門家の持続的育成

ザンビアにおける環境汚染の典型的な原因物質である金属類を中心にモニタリング可能なラボを確立する。サンプル採取、データ取得に加えて、政策に結びつけるためのデータ解析・解釈・分析ができる人材を育成する。

詳しくはこちら >

ページ最上部へ